街の中で見かけるのぼりは、多くが既製品のものだそうです。

今は既製品ののぼりも、とてもたくさんの種類があるので、違うお店なのにのぼりが同じだ、というようなことはあまりありません。

昔ののぼりと言えば、「決まり文句」のようなものがありましたが、今は本当に様々です。

そんなのぼりも、ほとんどが既製品で賄われているようです。

やはり、印刷技術の進歩が大きいのでしょうね。

そして簡単に、早く印刷できるようになりました。

そのため、のぼりを慌てて注文したとしても、だいたい納期に間に合うように納めてもらえます。

また、お店独自のオリジナルのものを作ることになったとしても、昔から比べるととても早くきれいに作ってもらえるようです。

チラシや看板の製作も良いのですが、店頭にのぼりをいくつか立てておくだけで宣伝効果や集客効果がかなりあることもわかっています。

これからは、のぼりをどんどん利用するところが増えてくるかもしれません。

◇参考サイト:のぼり旗ならのぼりキング